失恋の甘い誘惑で太ることに成功した女性の話

私は元から太りやすい体質でした。でしたので普段から体重管理や食事管理には気をつけていました。運動はランニングやウォーキングをし、食事はフルーツや野菜をメインに低カロリーで栄養価の高いものを選んで食べていました。雑誌やテレビでの情報をフルに使い自己管理に努めてきました。しかし、十代後半に経験した失恋で自分の自己管理が一気に崩れました。すごく好きだった彼とお別れをすることになり、初めは友達などに慰めてもらい話を聞いてもらってなんとか気分を変えようと努めていたのですが、やはり夜になると考えてすごく悲しくなってしまっていました。もともと食べることが大好きだった私は、ストレスや不安や悲しみから食べることでそれらを解決しようとしてしまったんです。それでも初めは夕食後にデザートを食べる程度でした。それで何とか我慢していたのですが、時間が経っても癒えない傷に、更にストレスがたまってしまいデザートだけで良かったはずが夕食の量が増えその後のデザートやお菓子の量が増えました。周りの家族や友達も初めは何も口出しせず見ていただけでしたが私があまりにも食べるので、だんだん食べ過ぎだよなんて注意するようになりました。しかし私は聞く耳も持たずに食べることに一心不乱。甘いものでなんとか気持ちを耐え直していました。しかし気づいたら顔が前より大きくなっているような気がしました。食べ過ぎることにより翌朝もだるくなってしまうことが多く朝も辛い時が幾度かありました。そこで体重計に乗ることを決意するとのんと8キロも増えてしまいました。この短期間に8キロも増えてしまい、自分では衝撃でしたがそれと同時にそりゃそうなるよなあなんて思いました。そこでもう失恋に浸ってる暇なんてないななんて思い吹っ切れたようにダイエットに励むようになりました。初めての激太りに最初はどうしたらいいのか四苦八苦でしたが、友達の力を借りたり今までの知識を思い出してダイエットをしてみることにしました。しかし、大好きなものを食べていた生活が長かったので制限はやはり厳しいものでした。行ったり来たりの体重をなんとか減量に持って行き、どうにかこうにか3キロ減量しました。それだけで本当に体の軽さが違います。この調子でこの先もダイエットを頑張りたいなあと思います。太るのは簡単ですが痩せるのは難しいなと改めて痛感。これからはいかに自分がストレスなくダイエットをしていけるか生活の中で工夫したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です