結婚式に向けてのダイエットは太るための布石

人間は痩せなきゃと思えば思うほど太っていく生き物だということを身をもって感じました。私は結婚式の時にダイエットをしていました。やはり一生に一度の晴れ舞台というか人生の中でも1、2を争うくらい大変貴重な時間だと思っていました。そこで頑張ってダイエットすることを決意しました。私はがダイエットを志した時の体型は痩せているわけでもないけれど、決して太っているわけでもない本当に普通体型でした。そのせいもありダイエットは難航しました。まず始めたのが食事での制限です。一日三食を規則正しく食べることを大前提にしました。その上で間食をしないという自分なりのルールを決めました。もしも間食をしたくなった時はゼロカロリーの食品やあめを舐めるようにしました。それまでは間食を毎日好きなだけ食べる生活をしていました。結婚式までという時間が限られたダイエットということもありすぐに間食はやめることができました。そして始めた当初は体重が面白いくらい順調に減っていきました。しかし人間やはり停滞期というものは必ず経験するものです。恐怖の停滞期に突入するとそれまで順調に減っていた体重がビクともしなくなりました。そこで私は運動を取り入れることにしました。もともと走るのが得意でしたので全く苦痛はありませんでした。2、3日に一回でしたが30分くらいジョギングをすることにしました。しかしそれでも体重は減りませんでした。なぜかというと体脂肪が減って筋肉が増えたため体脂肪は減っていても体重が減らなかったのだと思います。そこで私は挫折をしました。それは結婚式まであと1週間というところでした。あと1週間頑張れば体重は減っていたのかもしれません。しかし私は挫折をしてしまいました。元の食生活に戻り間食も再開してしまいました。そして運動することもほとんどなくなりました。それで私は結婚式当日を迎えました。結婚式の当日の体重は結局ダイエット前よりも増えていました。これがいわゆるリバウンドなのだと身をもって感じました。ダイエットは難しいです。すぐに結果を求めてはいけません。今までの食生活を急に改善するのは大変なことでした。それに実際にそこまで太っていなかったこともあり体重の減りがあまり良くなかったというのも失敗の原因だと思います。明らかに太っている人はすぐに結果が出ますが、そこまで太っていない人が結果を出すってとても難しいのだと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です